スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.03.09 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ライバルたちの機体も多数参戦! 『ガンダ

    0
      バンダイナムコゲームスは、6月23日に発売するPSP用ソフト『ガンダムメモリーズ~戦いの記憶~』の登場機体を新たに公開した. 『ガンダムメモリーズ~戦いの記憶~』は、状況に応じて操作機体を切り替えて戦っていく『ガンダム』作品を題材にしたアクションゲーム. 『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』『機動戦士ガンダムUC』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の3作品を中心に多数の作品が収録され、さまざまなミッションを遊ぶことができる. 原作のエピソードを追体験する"シチュエーションモード"と、ゲームオリジナルミッションをプレイする"ミッションモード"が主なゲームモードだ. また、最大4人で遊べる通信対戦機能も搭載される. →ゲーム概要の紹介 →スペシャルトリガー(必殺技)の紹介 →アクションと登場MSの紹介 →通信対戦の紹介 今回は、これまでの紹介記事に引き続き、ゲームに登場するモビルスーツ(MS)を紹介する. 掲載するのは、『機動戦士ガンダム』『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『機動新世紀ガンダムX』『機動戦士ガンダム00』から参戦する機体だ. ●『機動戦士ガンダム』● ジオング/射撃タイプ シャア・アズナブルが、1年戦争の最終戦で搭乗した機体. サイコミュを搭載し、有線式ビーム砲でのオールレンジ攻撃が行える. ●『機動戦士Zガンダム』● キュベレイ/射撃タイプ アクシズで開発されたサイコミュ搭載MSで、ファンネルによるオールレンジ攻撃を可能とする. パイロットはハマーン・カーン. ジ・O/接近タイプ パプテマス・シロッコが設計した重MS. 重装甲ではあるが機動性と運動性は高く、2本の隠し腕も搭載している. ●『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』● サザビー/射撃タイプ ネオ・ジオン総帥を務めたシャア・アズナブルの乗機. ネオ・ジオンの新技術であるサイコフレームが使用され、機体の追従性は高い. 6基のファンネルも搭載する. ●『機動新世紀ガンダムX』● ガンダムヴァサーゴチェストブレイク/接近タイプ フロスト兄弟の兄、シャギアが乗るMS. 前身となるガンダムヴァサーゴから強化されたメガソニック砲を3門搭載し、高い火力を誇る. ガンダムアシュタロンハーミットクラブ/スピードタイプ シャギアの弟であるオルバ・フロストの搭乗MS. 前身となるガンダムアシュタロンから、さらに機動性が向上している. ●『機動戦士ガンダム00』● ガラッゾ/接近タイプ ソレスタルビーイングのガンダムのデータをもとに作られたMS. メインとなる武装は、マニュピレータ部分から発生するビームサーベル. 0ガンダム/接近タイプ ソレスタルビーイングが作り出した最初のガンダム. リボンズ・アルマークが搭乗して、刹那・F・セイエイと戦いを繰り広げた. 本イベントの主役は、リボルドウェのおとっつあん"クラウドボネ"だ! ハンビットユビキタスエンターテインメントが運営する、MMORPG『グラナド・エスパダ プラス(以下、GE+)』では、『電撃マ王』誌上でのコミカライズ化を記念した特別イベント第2弾"クラウドボネと共に. "を、3月2日よりゲーム内にて実施. 本イベントはコミック版『GE+』と連動しており、前回コインブラの街でクレアが立っていた場所に、今回は"クレアを探しているクラウドボネ"が配置されている. 思春期なのか、反抗期なのかは不明だが家を飛び出したクレア. ルブルブタン 靴タン ブーツ そんな彼女を探してコインブラの街までやってきたのは、見た目はタフなオヤジだが、実は娘のクレアを目に入れても痛くないほど溺愛しているらしいクラウドボネだ. クラウドボネのオヤジからの依頼が今回の特別イベントとなっているので、その詳細をお届けしよう. コミカライズ化記念イベント第1弾、"クレアの旅立ち ~はじまりの前のお話~"では、財宝の情報を求めるクレアのお願いに従って、プレイヤーは展望台のゴロつきどもを見事に倒した. さて、イベント第2弾はその少し後の物語を描いている. コミック版『GE+』を読んでいただけば分かるが、クレアとミスティリーゼ、ヴァンジール御一行は財宝の地図を手に、すでに"テトラ遺跡"へ向けてコインブラを出発. 今回の主役は1人はぐれてしまったジルウェットと、娘を探してコインブラにたどり着いたクラウドボネの2人なのだ. つい先日、クレアの依頼のせいでフルぼっこにされ、彼女を恨む街のゴロつきどもはこともあろうに、クラウドボネに因縁をつけたらしい. どう考えても絡む相手を間違えているのだが... 血の気の多いクラウドボネが、黙っているわけがない! 「相手の数が多いので、ちょいと手を貸してくんねェ」と、ケンカの助っ人をお願いされるのが今回のプレイヤーへの依頼となる. 第1弾同様に、期間限定でクラウドボネがコインブラの街に出現. 彼には申し訳ないが、情緒あふれるコインブラとクラウドボネの組み合わせは、なんだかすごい違和感がある. イベントはミッションロビー形式で上級、中級、初級の3段階から任意で選択できる. 内容はほぼ同じだが出現する敵の強さが違い、上級でエキスパート家門4~5人、中級でベテラン家門3人、初級はレベル40以上の家門3人ぐらいで挑戦してほしい. 運営スタッフいわく「上級はかなりハード. 1家門だけで挑戦してもクリアは難しい」との話しだ. なお今回のイベント第2弾は、レベル40以下の家門は受けられない. イベント第1弾は特に参加条件は無し. 中級以上のキャラクターであれば、わりと簡単にクリアできたと思うが、第2弾は少し難易度が上がっている. ミッションが始まると、プレイヤーと一緒にNPCクラウドボネとジルウェットが戦闘に参加してくれる. 勝利条件はマップ奥から次々襲い掛かってくるゴロつきどもを、制限時間内にすべて倒すだけだ. ただし、クラウドボネかジルウェットのどちらかが倒されてしまうと、その時点でミッション失敗となる. スカウトのジルウェットも本イベントでは、短剣を装備した攻撃メインのスタンスで、ヒールスキルは使ってくれないのがネック. プレイヤー側にスカウトがいても、NPCである彼らにはヒールがかけられないため、可能な限り2人を守らねばならないのだ. テストプレイでは初級を体験してきたが、中級・上級ではプレイヤーがファイターなど前衛クラスで敵のターゲットをなるべくNPC2人からそらし、ウィザードやウォーロックなど範囲攻撃に優れるダメージディーラーで対処するのがよさそうだ. なお、これは筆者の勝手な印象なのでミッションに失敗しても責任は一切取れない! 今回もイベントは1日1回の制限付プレイ(毎日0: 00リセット)ゆえに、あくまで自己判断でチャレンジしてほしい. クエストクリア時の報酬は難易度によっても異なるが、ムーンストーン×3個、不思議なリングケース、90レベルG経験値カード、ミッションロビー召喚などが用意されている. イベント実施期間は3月2日13:00~3月16日9: 00まで. 仲間と一緒にクラウドボネをサポートしてあげてほしい. 次回で最終回を迎えるコミック版『GE+』と、イベント第3弾の内容がかなーり気になるところだが、まずは『電撃マ王』(2月27日発売、アスキー・メディアワークス刊)に掲載されている、『グラナド・エスパダ プラス クレアの旅立ち(作画: 大堀豊先生)』をお忘れなく.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.09 Wednesday
        • -
        • 02:46
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        selected entries

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM